2018年12月31日 (月)

2018年のまとめ  新人グループ編

今年デビューしたガールズグループで注目しているのは何と言ってもIZ*ONEです。
プロデュース48はほぼ観てなかったのですが、最終的に1位となったチャン・ウォニョンと2位の宮脇咲良の可愛さに一発でファンになりました。
もちろん他のメンバーも可愛いしデビューミニアルバムがとてもいいのです。
あのfromis_9と同じ事務所ということでなんか納得しました。楽曲が私好みで今後も期待が持てそうです。
2年6ヶ月という期限付きの活動が終わっても帰るところがある娘はいいですが、そうでない娘は再デビューできる確証もないのでちょっと可愛そうですね。

20181231_00734
このトップ3の並びは最高
左からウォニョン、咲良、チョ・ユリと思います。合ってますよね・・・。
ユリキム・チェウォンの区別がつきません(^_^;)

Img_0108

Img_0112

Img_0111


LOONAも同じ12人組で今年完全デビューしましたが、IZ*ONEの圧勝ですね。
1年もかけてプロモーションした事が裏目に出たとしか言えません。
その上デビューミニアルバムはさっぱりの出来です。
来年頑張らないと先は見えてますね。

衝撃のデビューと言えば(G)I-DLEでした。
LATATA」は超クールな曲で大好きです。
デビューしてわずか20日、「THE  SHOW」初登場で1位になった時は驚きました。
ほとんどの楽曲の作詞を手がけるチョン・ソヨンがグループの中心であり、「チョン・ソヨンとクールファイブ」って感じです。
このグループも来年、3曲目が勝負です。

2018年のまとめ  テヨン編

今年も色々ありましたがK-POP関連から。

6月末にテヨンが日本初コンサートをするというので辞めていたファンクラブに再入会し先行予約に申し込みました。
しかし見事に撃沈。SONE枠もSMTOWN枠もダメでした。
当たるものだと思っていたので落選メールが来た時はかなりショックでした
同時期に出たアルバムは「もうどうでもいい」と買わず仕舞い。
来年もあるかもしれないのでファンクラブ会費を月400円払い続けています。
しかし5人になった少女時代にはまったく興味なし
ユナのインスタをフォローしている程度です。

Img_7837

Img_0066


Img_0065


2018年1月28日 (日)

今年も西野カナのライブツアー行きます!!

今年のライブツアーはちょっと変わっていて、今までコンサートを行なったことのないところを中心に巡ります。それも小さなコンサートホールばかりで。
意外にも北海道と沖縄では初めてのライブとなります。
我が徳島は2年前に来てくれたので案の定、外されました。
四国では愛媛は3年振り、高知では初ライブです。香川の人が可愛そう。

どこに申し込むかにあたって下調べをしました。
愛媛の「ひめぎんホール」はキャパ3000人。でもこれは5階席まで入れての数字で1階だけだと1456席です。山陽地方の人が海を渡って来ることが予想されるので相当なチケット争奪戦になりそうです。
一方の高知「オレンジホール」はキャパ1507席。1階は1001席しかありません。
京セラドームの30分の1です。
わずか750組の中の1組になれるか、こちらも落選の可能性があります。
金曜日の愛媛だと家に帰って来られるのは夜12時を過ぎるのは確実で土曜日に半休をとればいい高知に申し込みました。

結果は当選
7月14日まであと半年もありますが、楽しみが長く続くのでいいかな。

Cm171116184009001

ちなみにLOVELYZの大阪ライブは行きません。韓流アイドルに関しては完全にインドアファンになってしまいました


2017年11月16日 (木)

来年のカレンダーは・・・

K-POP、特にガールズグループは危機的状況ですねぇ
第二期K-POPブームの主役が次々に解散・メンバー脱退・活動休止に追い込まれています。
私が応援していたグループをざっと挙げると、少女時代SPICABESTieAOA4minuteなどなど。
SPICABESTieは事務所の力不足。実力があるのにマジで勿体無い
日本に活動拠点を置いてたらライブ行きまくってたよ。
韓国は歌手が稼げる場所が少な過ぎますね。TVやネットに頼り過ぎるから資金繰りが厳しくなるんです。
Apinkも日本のファンクラブを閉めるということで会員が少なくて運営できなくなったのでしょう。今回の新曲をもって日本から撤退するのでしょうか。

今現在応援しているグループで必ずCDを買うのはLOVELYZApinkテヨン
音源までは買わないけど好きなのはBLACKPINKOMGgugudanSONAMOOLABOUMELRISApril
これだけ居れば十分って感じはしますが・・・。
もうすぐLOVELYZの新作が届きますので今度レビュー書きます。

タイトルと全く違う内容になってしまいました・・・。
さて、毎年女性タレントのカレンダーを買っております主ですが、今年は悩みました。
真野  恵里菜川口 春奈橋本 環奈朝比奈 彩。この四人の中で誰のを買うか。
最終的には来年もっとも活躍すると思うちゃんにしました。
出身はお隣の淡路島だし自転車乗りだし性格いいしで今イチ押しです


Cm171116195242001_3

表紙すら出来ていない時に予約したので、届いた日にはちょっとビックリでした。
8枚中5枚が水着  嫁さんがどういう反応するか気になりましたが貼っちゃいました。グラビアモデルのセクシー写真ではないので怒りませんでした

来年も滝沢カレンちゃんとちゃんの出ているバラエティは全部見ます


Cm171116184512002_3


2017年9月 6日 (水)

西野 カナ  ドームツアー2017 に行ってきました!!

8月27日、京セラドーム大阪でのライブに参戦しました。
毎度のことながらチケットの予約は半年も前に完了していましたが、チケットが届いたのはコンサートの一週間前でした。
アリーナ席F-14ブロックが当たっていましたが、ABC順でないためアリーナのどこになるかは行ってみないとわからない仕組みになっています。


Img_20170819_221434

この日は夏休み最後の日曜日だったので、阪神高速の渋滞を心配して朝の8時すぎに家を出ました。
順調に行ければ2時間半ぐらいで大阪市内に着きます。
高速道路に入る前にコンビニに寄った際、ツアーTシャツを着た人を発見。
私たち夫婦もツアートートバッグを持ってアピールしまくってました。
途中淡路のSAにも寄りましたが、ここでも数名発見。
カナやんの場合、ツアーに先駆けてグッズの通販をしてくれるので、送料は取られますがこの時に買っておくのが賢明です。
去年、当日買おうとして売り切れでしたからね。

心配していた渋滞は全くなくスムーズに大阪まで行けました。
10年ぶりに心斎橋を歩きましたが、なんと中国人の多いことか。
かんかもう全然変わってしまいましたねー。
お昼ご飯は前もって決めていた「イルソーレロッソ」というイタリア料理店でピザを食べました。
これが本当にうまかった。宅配ピザしか食べたことがない私たちには衝撃的でした


心斎橋近辺ではもう時間が潰せなくなりちょっと早いですが午後2時ドームに向かいました。あまりにも暑いので涼みにすぐ横のイオンに入りましたが、みんな考えることは同じで、ライブにいく人で溢れかえっておりました

暑いし、散策する元気もないので開演まで1時間半もありましたが入場して待つことにしました。
席はアリーナの真ん中あたりの右端でした。
それにしても広い。自分の席から最後方のスタンド席は霞んで見えません。ゴマ粒より小さいです。

Img_20170815_234821


開演時間が近づき、席が埋まりはじめました。
小学生から70代ぐらいの人までファン層は広いですが、中心は20代女性かな。

午後4時5分、ついにライブスタートです。
大きなモニターがないと思っていましたが、舞台のセットだと思っていた巨大なついたてが左右に移動してカナやんを映し出しました。
肉眼では表情が見えないぐらい遠い席でしたが、見たこともないほど大きなモニターのおかげでカナやんを近くに感じることができました。


Img_20170903_192107

セットリストはもう最高でしたね
10年目を迎えるメモリアルライブらしい新旧のヒット曲オンパレードでした。
大好きな曲「好き」と「このままで」を歌ってくれたことに感激
好き」では喉の調子が悪いの?と思わせるところがあったり、その他の曲では歌詞忘れが2回ありました。でもこれもいつものカナやん。全曲生歌ならではのハプニングでしょ。

ムービングステージや気球に乗って場内一周などスタンド席の人もナマのカナやんを近くで見ることができるのはファン思いのカナやんならではの演出でした。
2年前の愛媛でのライブの時はまだファンクラブに入ってなかったのでスタンド席でしたがほんの数メートルのところに来てくれて目が合ったことは一生忘れられません。
もちろん今回のライブも一生の思い出です。
音響も素晴らしかったです。こんな音のいいライブ初めてでした。

アンコール前最後の挨拶の時「この10年、嬉しいことも辛いことも・・・」のようなことを喋ってたら急に泣き出し、こっちももらい泣きしてしまいました
「泣き虫はほんま嫌になるー」とか言ってましたが、そこがいいんです。
やっぱりカナやんの涙を見ないことには終われません。

至福の2時間40分はあっという間に終わってしまいました。
あーやっぱ西野カナ最高やな」←50過ぎのおっさんの心の声。

Img_20170824_002500

9月23日と24日はいよいよ東京ドームです。
これで今年のライブツアーは終わりますが、こんな大きなドーム公演を成功させたら去年までのような1万人にも満たない地方都市のコンサートをやってもらえるのかという心配もあります。
まあ、来てくれなかったら行くまでですけど・・・。

2017年7月23日 (日)

E.G.EVOLUTION ライブビューイング

もう一週間前のことですが、7月16日にさいたまスーパーアリーナで行われた「E.G.EVOLUTION」のライブビューイングに行ってきました

Img_20170707_213333_3

去る6月、E-girlsからDreamの全員をはじめとした8人が抜け11人になるという発表がありました。
私にとってE-girls=中島麻未(Ami)と言ってもいいくらいで、グループからAmiが抜けると知った時はちょっとショックでした
なので19人体制で行なうこのライブはE-girlsとしてのAmiを観れる最後のメモリアルライブだったので、絶対行かなきゃと思ったのです。

Img_7578
ライブビューイングは過去2回、テヨンのライブを観に行っていますから慣れたものです。
今年のテヨンのライブについては感想を書きませんでしたが、来年はもうないんじゃないかと思うぐらい客が少なかったです

そんな経験があるのでこんな田舎にE-girlsのライブビューイングを観に来る人がどれだけいるのかなと思いながら上映の30分前に到着。
案内板には「残りわずか」となっていて、さすがに満席ではない様子。
最終的には222席がほぼ埋まっていました。E-girlsって人気あるんだなぁ。

予定時間通り18:30開演。
E-girlsのライブを初めて観ましたが、ペンライトではなく旗を振って応援するんですね。
映画館でも旗を振っている人が結構居ました。

前半はE-girlsのシングルヒット曲を次々と披露してくれました。
19人もいるのでカメラ切り替えが忙しく、Amiちゃんをじっくり見ることはできませんでしたが、会場の興奮はよく伝わってきました。
今回のライブは終始E-Girlsで通すと思っていましたが、1時間ちょっとで19人E-girlsは終わり、そのあとはE・G family劇場となりました。
ShuuKaRenスダンナユズユリーFlowerHappinessDream AmiDANCE EARTH PARTY、新生E-girlsなどが2〜3曲ずつ歌いました。
私はAmiちゃんが最高でしたが歓声が一番大きかったのは藤井姉妹のShuuKaRenだったかなぁ。とにかく女子人気がすごい。

最後は19人全員が揃い、一人ずつ挨拶をしました。静香が「Dreamのみんなが揃って歌うのは今日が最後」と言ったものだからAmiちゃんが泣いてしまって私ももらい泣きしてしまいました
売れずに苦労した時代を共に乗り越えてきたからE-girlsを抜けることよりDreamがなくなることの方が辛かったのだと思います。
最後の曲は「Love,Dream&Happiness
こうなることを予期していたかのような歌詞で切なくなります。クールなイメージの萩花が泣いていたのが印象的でした。
2時間ちょっとのライブが多い中、3時間を超えるライブはお得感満載でした

Img_20170717_234707


2017年7月10日 (月)

A pink 6th Mini Album 「Pink Up」 

買ってから少し経ちますが 「Pink Up」 素晴らしい出来です

ここ数年の活動曲はどちらかと言えば暗かったですが、久しぶりに明るいA Pinkが帰ってきた感じです。

それが功を奏して久々の音楽番組1位を取りました。おめでとう
新人に押されて人気に陰りが見えていただけに感無量といったところです。
このアルバムはどの曲も好きですが「Evergreen」が最高に気に入ってます

Dsc_0013_00001

いつもながら豪華な付録つきです。トレカはナウンでした
一時期チョロンボミハヨンに心が持って行かれましたが、この頃初心に戻ってやっぱりナウンが一番だと思っています

Img_20170610_001411

ビューティフル


ただ、これだけA Pinkのことを褒めちぎっておきながら今もっとも興味があるのはBのほうなんです。そう、黒のほうです。
FIVE」より4日前に公開されたBLACKPINKの「最後のように」には参りました
日本デビューを意識してか今までのクールなイメージを残しつつもキレ可愛いさを前面に押し出しています。
前からジスのことは好きでしたが今度のMVはみんな可愛いじゃありませんか。
現在MVの再生回数は5千万を超えています。
ちなみにTWICEの「KNOCK KNOCK」は1億2千万と、上には上がいるもんだ

20170709_205838

20170709_210447
可愛さではジスが一番
20170709_210637
20170709_210043

ヤンキー"ナウン"ことジェニもいいねぇ

2017年5月 5日 (金)

テヨン ソロコンサート  ライブビューイング

先月申し込んでいたテヨンのソロコン ライブビューイングの当選が確定しチケットを受け取りに行きました。
本当は現地に行きたいところですがそんな金も時間もなく今回も香川県の映画館で鑑賞です
しかし四国四県で徳島だけはいつも無いなぁ

Img_20170504_204627

去年とは映画館が変わっていてキャパは88席から140席となり広くなってます。
席は前から5列目でかなりスクリーンに近いです。
今回は持ち歌が多くなってトークの時間が少なくなってるといいな。
何を喋っているのか意味がわかりませんからねぇ。

イベントごとでもう一つ。
LOVELYZがついに大阪に来ます。
5月25日 Zeppなんばで握手&サイン会!!
仕事が休みなので昼の部に行けるのですがまだ迷ってます
去年なら迷わず行ったでしょう。でも今は1万円使ってでも会いたいかというと??です。やっぱり長い間休むとこうなるんですよ
今、会ってみたいのはgugudanセジョンハナTWICEの日本人3人娘たちでしょうかね。TWICEは恐ろしい競争率になりそうなので行きませんけど・・・。

まだ日はあるので後悔しないようによーく考えます。

つい先日gugudanハナが25歳になりました。
結構歳いってます。
透き通るような白い肌と大人の色気を漂わせる表情とかがオヤジ好みですねぇ。

Img_20170430_234914

20170505_195417

20170505_195217


2017年3月 9日 (木)

309 Taeyeon Day

今日は愛しのテヨン様が29歳になられたということで、先ごろ発売された「My Voice」のレビューも兼ねた投稿となりました。

Bdulssxi7uc
HAPPY BIRTHDAY TAEYEON    

待望の1stアルバムは今月の3日に届きました。
ジャケットは2種類あるのですが白黒の地味な方でした

Dsc_0008

過去2作品はミニだったのでフルアルバムは初となります。
全部で13曲、ロックを除く多彩なジャンルで構成され非常に完成度が高いです。
全体を通してR&B系のややゆったりとした曲が多く、"ボーカリスト"テヨンの感情表現力に圧倒されます。

1.Fine                                         ★★★★★
2.Cover Up                                 ★★★★
3.翼(Feel So Fine)                      ★★★★★
4.I Got Love                               ★★★
5.I'm OK                                     ★★★★
6.Time Lapse                             ★★★★
7.Sweet Love                             ★★★
8.When I Was Young                  ★★★★
9.Lonely Night                           ★★★
10.水彩画(Love in Color)           ★★★★
11.Fire                                       ★★★★★
12.Eraser                                   ★★★★
13.記憶を歩く時間                       ★★★★

★はあくまでもブログ主の好み度で3つが普通。
今回★3つの曲は全てあのKenzieさんの作曲ですがちょっと暗いなぁ。
でも、まだ一週間も経ってないしLOVELYZと両方聞いてますからこれからさらに好きになっていくと思います。

さあこれで期待されるのはソロコンサートですね。
ライブビューイングに行くのは当然ですが、もし東京に来るなら思い切って行っちゃうかも

2017年2月23日 (木)

クロモリロードバイク改造

超お久しぶりの投稿です。
LOVELYZテヨンのニューアルバムは当然予約しましたよ。
発売日が一日違いだなんてもう。どっちを聞いたらいいのか・・・届いたらレビュー書きます。

さて、最近スポーツサイクルにたいそうハマっておりまして、20年もののクロモリロードバイクにリターンしたのが去年でした。
しばらくは買った時のままで乗っていましたが、古さゆえの気になるところが出てきました。


Dsc_0023
まずはタイヤ。昔はチューブラー全盛でロードバイクのタイヤと言えばこれでした。
WO(クリンチャー)も選べたのですが自転車屋さんの勧めでチューブラーにしたのがそもそもの間違い。
当時は1本1500円ぐらいで買えたし種類も豊富でしたが、時代とともに扱いやすいクリンチャーが一般ユーザーのニーズにマッチし普及する一方でチューブラーはレース用へ特化したため安いものでも1本2500円、種類も非常に少なくなりました。
長い目で見たらこの際クリンチャーにした方が安く済むしパンクした時とかのメンテも簡単なのですが、クリンチャータイヤを装着するにはホイールもそれ用に換える必要があります。

Dsc_0028

Dsc_0035
とにかく安くをモットーにホイールはシマノのRS 010とパナレーサーの一番安いチューブとタイヤにしました。


Dsc_0019
最新のホイールは7速カセットスプロケットとリアディレーラーがそのまま流用できず8速にしなければなりません。

Dsc_0027
チェーンとチェーンカッターもついでに購入。


Dsc_0022

Dsc_0020
あと、Wレバーも8速用が必要なのですが変速の楽なデュアルコントロールレバーを使ってみたいという思いから購入に踏み切りました。

Dsc_0030
8速対応は現在エントリークラスのクラリスしかありませんが安くてもさすがシマノ製です。シフティングが気持ちいい。


Dsc_0034

Dsc_0032

Dsc_0033

Dsc_0031
バーテープとエンドキャップも交換。


Dsc_0036_2

タイヤをチューブラーからクリンチャーにしたいだけなのに大改造になってしまいました。
想像以上にお金がかかるから新しいバイクを買ったほうがいいと皆さんが言うはずですね。
でもこのセミオーダーのクロモリには愛着があるんでなかなか見捨てられないですよ。
とか言いながら新しいカーボンロードバイクが欲しくてたまらない今日この頃です。

«Happy New Year !!

フォト
無料ブログはココログ
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31