« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月26日 (日)

祝!! Apink 日本デビュー

2014年10月22日はApinkにとってもうひとつの記念日となりました。
2011年4月12日から3年半を経てのデビューです。
おそらくもっと早く、K-POPブームの波に乗って日本進出する計画も一方ではあったと思います。
しかしそうしなかったのは韓国での人気を不動のものにし、地位を確立したほうが売れると判断したからでしょう。
結果は大正解。CDの帯を見ればわかる通り「ついに待望の・・・」とか「韓国で人気絶頂!」ってPRしやすいですよね。
売り上げ枚数は不明ですがオリコンデイリーチャートでは最高3位にランクインされました。
この9形態の販売方法とリリースイベントそしてメッセージ手渡し企画で相当売ってますね。
あまりこういう企画になびかない私でさえ初回限定版Bボミバージョンの2枚も買いましたからcoldsweats01
ウイークリーチャートの結果はまだ出てませんがAOAの13位を抜くことは確実です。
正直なところAOAの日本デビューには???というか韓国でもそれほど人気ないのに賭けに出たなというのが第一印象でした。
一応ソルヒョンペンだけど何もしてあげてないなぁ・・・catface

話をApinkに戻して、今回のリリースイベントを含めての来日はすばらしかったですね。
こんなに長い期間日本に居たことはメンバーも初めてなんじゃないかと思うし、大阪から東京まで車や新幹線を使って横断したり取材やTV出演など大変だったでしょう。
向こうに帰ったらちょっと休ませてあげてほしいです。

10月21日リリース記念イベントin大阪

Snapcrab_noname_20141024_232031_no0
よく見ればイベントマスターの称号を得たK氏が特別出演しているじゃありませんか。ナイスな振り向きです。

Snapcrab_noname_20141024_232823_no0

Snapcrab_noname_20141024_233144_no0

Snapcrab_noname_20141024_233647_no0


10月22日リリース記念イベントin名古屋

Snapcrab_noname_20141026_183052_no0
むむ。またしてもK氏がど真ん中に2夜連続出演。Tシャツ目立ってますgood

Snapcrab_noname_20141026_183227_no0

Snapcrab_noname_20141026_18358_no00

Snapcrab_noname_20141026_184021_no0
中央に居るピカピカ頭のパンダさんが気になってpinkのパフォーマンスに集中できませんhappy02
この人けっこうノリノリなんです。最年長パンダか(*^-^)


10月23日リリース記念イベントin東京

Snapcrab_noname_20141026_204627_no0
この会場は照明が真ん中だけ明るくて端っこは真っ暗、音も良くなかったですthink

Snapcrab_noname_20141026_205023_no0
「だめよ~、だめだめ」がお気に入りのウンジ。会場からは悲鳴に近い笑いがgood


10月23日 Oha! 4 スポタメ 出演

Snapcrab_noname_20141026_212351_no0

Snapcrab_noname_20141026_212145_no0
きたー、ついに「おはよんございます」
今度はぜひ生放送でお願いしますhappy01


10月25日 TOKYO MXTV weekend Hips 生出演

Snapcrab_noname_20141025_23363_no00

Snapcrab_noname_20141025_23286_no00
ステージが狭くてやりにくそうでした。しかしカメラの台数が少なく近いので、いつも観ている韓国の歌番組と違う良さがあります。
しかも生歌。ウンジの声が際立ってますね。
これからも日本の歌番組に出てくださーいhappy01

Snapcrab_noname_20141025_233826_no0
Oha!4の時もですがナウンがしゃべらないから目立ってないweep

Snapcrab_noname_20141025_234647_no0
ボミの足が開いていることをウンジが気が付いてさりげなく言ってあげてdownwardleft

Snapcrab_noname_20141025_234812_no0
はい、直りました。ウンジのやさしい心遣いが見えた一場面でした。


以上、長かった1週間を振り返ってみました。行けなかったけどほんとに充実したデビューイベントでしたね。
次は韓国でのカムパックが控えてると思います。楽しみーhappy01
こうして日本でデビューすると日本の仕事が多くなってきますが、どちらかの国に偏ることなくバランスよく活動していってもらいたいです。

2014年10月 6日 (月)

少女時代 ジェシカ脱退

去る9月30日にジェシカ少女時代の活動を休止すると報道がありました。
事実上、脱退です。

正直なところ私のなかでジェシカは下から2番目に位置するため脱退の発表を見ても「へぇ~」としか思いませんでした。
ただでさえソシ熱は2年前に比べると半分以下になっているのにその中でケツ2なんて、もうどうでもいい存在に近いですcatfaceごめんなさい。
ハロビが分裂したショックのほうが大きいweepちょっとオーバーか・・・
だからここに書くのもどうしようかと考えましたが少女時代というグループにとっては大問題ですのでスルーはできないなと思いました。

アイドルグループで7年もの間、いっさいのメンバーチェンジをしないで続けてこれたということは称賛に値します。
ひとつの目標に向かってがむしゃらに突き進んできた7年だったと思います。
しかし絶頂期を過ぎ、陰りが見え始めると将来のことを考えるようになるものです。
デザイナーになるのが夢だったジェシカソシに居ながらファッション関係の仕事を両立させる将来像を描いていたのです。
それが他のメンバーから良く思われてなかったことを知ってか知らずか。
この溝がどんどん大きくなりグループとしての活動に支障が出てきたのでは。

来年にはソシを辞めるつもりだったジェシカと、こんなに早く辞めさせた事務所の間に何があったのか真実が知りたいです。
日本のファンのためにせめて12月の東京ドームコンサートを終えてからという配慮はなかったのでしょうか。

Snapcrab_noname_2014106_232225_no00

10月4日と5日、SMTOWN Ⅳが開催されました。
少女時代は7人でなんとかパフォーマンスをやり終えたようですが、ファンの皆さんは不完全燃焼だったようです。
メンバーもこんな時に歌うのは辛かったと思います。

これからソシは8人で活動を続けていくことになったのですが“歌”においてジェシカの存在は大きかっただけに物足りなさを感じてしまうのは確実です。
メインのボーカルはテティソの3人+αソニだけになりましたからね。
ジェシカの歌声はとても好きでした。グループを離れてもドラマのOSTなどを歌ってほしいです。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »