« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月12日 (火)

TAEYEON Butterfly Kiss ライブ・ビューイング 感想

7月10日、テヨンのライブ・ビューイングを観に行ってきましたcar
感動が冷めないうちに書いておきます。

私が行った映画館はイオン高松東店でした。
全88席のこじんまりとしたホールです。
私の席は最後列の端から2つ目。でも狭い会場なのでよく見えました。
逆に最前列なんて見にくいと思いますし、後ろから埋まっていって前の方は空席がありました。
お客さんの男女比は2:8で圧倒的に女性が多く少女時代のライブと一緒です。
もっと男性が多いと予想してたんですが・・・。

午後4時、ライブ中継が始まりました。
開演までは会場の様子を固定カメラで写していましたが、突然会場で歓声が上がりました。
その時は「きっと誰か有名人が来たんだろう」と思っていましたが何とティファニーユナスヨンだったんですね。
この3人のおかげでトークはずいぶんと和んだし盛り上がりました。
初日はソヒョンが応援に来ていました。

そうこうしているうちに照明が落ちてライブが始まりました。
オープニングの映像はテヨンの美しさに感激。
1曲目はUp&Down。今の中継画像ってこんなに綺麗なのか、すごい。
しょっぱなから涙が出ましたweep
アップテンポの曲を数曲歌ってトークとなりました。トークの時のテヨンはホントに可愛いんですよね。客席から「かわいい」と声が上がってました。
ライブ・ビューイングのことに触れて日本語で話しかけてくれて嬉しくてまた涙weep

Bhrk5vkgjnd

懐かしいOSTメドレーがまた良かった・・・涙weep
持ち歌が少ないんだからメドレーでなくフルで聞きたかったなぁ。
聞こえますか」はテヨンが大好きになるきっかけの曲でした。

Bhry8nebocs

why」のみダンスが激しく、カラオケ&口パクっぽかったけどあとの曲は全て生バンド&生歌でした。
やはりライブはこうでなくっちゃいけません。アイドルから真のアーティストへ大きく成長したということでしょうか。

Bhry6fwbmv1

アンコールでは何と「ひとりGee」を歌ってくれて大盛り上がり。
アドリブかどうかTWICE サナのシャ・シャ・シャまで織り交ぜて大ウケでした。

Bhuyfwgadci

そして最後の曲は大好きな「UR
完璧すぎるほどの圧倒的な歌唱力に涙せずにいられませんでしたcrying
いやぁもう素晴らしいとしか言いようがありません。
歌の上手い歌手はいっぱいいますが私はテヨンが世界一だと思ってますheart
本当に感動をありがとう。いつか日本でもやってくれますよねぇ、イ・スマンさんhappy01

Bhs58zvg84l

Bhuybzbapfp

Bhuydctgjsz

Bifzjmpakkw

Bikg9lfgmra

Bhrk_rka79j

Bhut9r0buft

Bizbqqzbnya




2016年7月 3日 (日)

7月はTAEYEON の月になりそう

6月28日、テヨンのセカンドミニアルバム「why」が発売されました。
昨年10月にファースト、12月にテティソのサード、今年2月にデジタルシングルとまぁ立て続けに出すは出すはの大売り出しの大儲けdollar
こっちは見事に全部買っちゃってますcoldsweats01
why」のほうは一昨日届いたばかりなのでまだ数回しか聴けてませんが「I」とは全く違うコンセプトで全曲R&Bとエレクトロポップが融合された感じです。
どちらかと言えば6月に発売されたティファニーのミニアルバムに近くそれをもっと難しくしたような、おっさんにはハードルが高い曲です。
ティファニーのアルバムでさえいいなぁと思うまで時間がかかったので今作はもっともっと聴かないとダメみたいです。
ただ、一通り聴いただけで言えることは歌唱力がハンパないことです。
鼻にかかった独特の中低域や伸びのある高音、実に心地いいんですよね。

51vw37by3hl

Img_20160701_221929

Bh3g1dugkti

Bh3gzcfa47s

Bh3g3kqaain

20160627_231000
6月27日23時からのカウントダウンナイトの一コマ。何を言っているかほとんど分からなかったけどガハハ笑いが聞けてよかったです。

そして7月10日にテヨンのライブ・ビューイングがあります。
韓国オリンピック公園で行われるライブが日本全国の映画館に同時生中継されます。
一般発売開始と同時に予約完了し、チケットも入手済みです。
さてさてどんなライブなのか、北四国のテヨンファンってどんな人たちなんだろうか、初めての体験なのでとても楽しみです。

Img_20160627_222013



« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »